竜崇縫靴店

Trial P-01は、
2月に受注会を開催させていただいた
京都御所と鴨川の間、荒神口にあるお店
PINTの理念と店主 中地大介氏に
想いを馳せて生まれた新作です。

Trial P-01

process/ handsewn welted construction
upper/ KUDU (gaucho.ridge)
lining/ Du Puy l.calf
outsole/ ridgeway rubber sole
size/ B. C. D. E
price/ ¥75,000 +tax

革靴とスリッパの中間のような履物。
そんな靴があれば嬉しい。とお話しをいただき
お店の雰囲気や中地さんのライフスタイルを
考慮し製作させて貰いました。

野性味のある表面と滑らかで美しいスエードが
表裏一体のKUDU leatherの特性を生かして
甲部から履き口までをアンライニングにし
革靴が持つ窮屈感を視覚的に減らしつつ
柔らかな足当たりを実現しています。

プロダクト製作のために全国の産地へ向かう移動中や
作業場訪問の際に着脱が容易にできる事と
小さなお子さんを抱えながら靴べらがなくても
履けるようにと想い、紐の無いスリップオンシューズ。

ですが、歩行時は靴の役割を果たさないといけないので
カウンターも定位置まで入れてしっかり踵を抑えてくれます。

後姿には少しだけ、素敵なアクセントを。

ズボンの裾で履き口を覆えば、きちんとした
オックスフォードに見えるのもポイントです。

今回の折角堂さんにはsize Dのみ持参します。

size sampleが揃い次第お知らせするので
楽しみにお待ちくださいませ。

竜崇縫靴店

#

2020-03-20